キャッシングの賃金業法の法律が変わった件

tsu93_retorohunniki_tp_v

お金をキャッシングするにあたって、法律が変わった事も予備知識として知って置くと、借り入れ方とか、選択が変わると思います。キャッシングには、色々な業者がありますが、銀行系や、流通系や、信販系や、消費者金融業などがあります。その中で、為替や預金などの業務を営んでいない金融業をノンバンクと言います。または、賃金業者と言います。それは、消費者金融業や、クレジットカード会社や、信販会社などです。

このノンバンクの賃金業者は、お金を貸すこと、お金を融資する専門業者です。その賃金業者を対象にした法律が変わったのです。だから銀行系カードローンでキャッシングするのなら、関係の無い法律です。賃金業法の法律が変わった箇所と言うのは、信用情報機関の加盟を義務付けられた事と、グレーゾーン金利を廃止した事と、総量規制を導入した事です。

信用情報機関の加盟とは、審査の際に閲覧する信用情報機関で、どの業者と幾らの借入金の取引をしていて、返済に遅れたり、トラブルは無いかなどが解る機関です。その閲覧に加盟することで、全てが交流できて、全ての取引がわかる状態になるでしょう。加盟は、?日本信用情報機構のJICCと、?シーアイシーのCICです。銀行カードローンだけは、全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。そして、過払い金が発生するグレーゾーン金利が無くなり、払いすぎた利息がでなくなるでしょう。

そして、総量規制は、必ず収入のある人で、その人の年収が3分の1を超えた金額を貸してはいけないというものが導入されたのです。キャッシングにおいて、このようなの賃金業法が変わった事によって、今までの良くない状況や、これからの貸し倒れなどを防げるようにもなると思います。貸し出しすぎず、無理に大きな金額を借りないようになり、返済しやすい状況にもなったと思います。この法律が変わった事によって、より良いキャッシングを行える状況になったと思うのです。