使用目的が自由で利便性も高く金利も低い銀行のカードローン

building_house5

銀行では、さまざまなローンを提供しています。一番有名な銀行のローンは、住宅ローンです。マイホームを購入する人のほとんどが、利用するローンと言えるでしょう。他にも自動車ローンや教育ローンなど、さまざまなサービスが提供中です。これらのローンに共通していることは、使用目的が決められていることです。住宅ローンなら不動産の購入、自動車ローンなら自動車の購入、教育ローンなら子どもの教育費といった具合です。借りたお金の使いみちがローンの使用目的と合致しているなら、銀行のローンには不満はありません。しかし、生活費や習い事などのためにお金を借りたいと、これらのローンは利用できません。

そこで生活費などのためにお金を借りたいなら、利用したいのが銀行のカードローンです。カードローンは銀行が提供するローンでありながら、住宅ローンなどのように使用目的が決められていません。使いみちは借りた人の自由にすることができるので、生活費に使っても規約などに違反することはありません。完全に使いみちは自由なので、さまざまな目的に使うことができます。しかし、銀行のカードローンは比較的審査が厳しく、利用できるのは限られた人のみです。

ですが、審査に合格してカードローンを利用できるようになると、これほど便利なローンはありません。使いみちが自由なことはもちろん、銀行のAMTだけでなく、コンビニのATMやネットから借入や返済ができます。いつでも借入や返済ができるので、ちょっとお金が足りないときに、助かることが多いのです。さらに銀行のカードローンというのは、金利が低いです。同じような使いみちが自由なお金を借りる方法に、消費者金融のキャッシングがあります。しかし、キャッシングは金利が高く、借りた人の負担は軽くありません。ですが、カードローンは金利が低いので、借りたときの負担は軽くなります。返済が楽になることも、カードローンの魅力です。