カードローンの借り換えをする前に確認すべきこと

money_cashcard (1)

カードローンを複数の企業で利用している場合、毎月の返済日が異なり、そのたびにプレッシャーを受け続けるということがよくあります。また、生活をしていく上でも使えるお金がどれくらいあるのかを把握しきれず、結果として返せない可能性や自転車操業状態となり、生活するのも大変になることも十分に考えられます。そうした時にカードローンの借り換えが検討され、実際に借り換えを行ったという人も多くいます。しかし、カードローンの借り換えをしてしまった、1つにまとめてしまったことで大変なことになる場合もあるため、細心の注意が必要です。

カードローンの借り換え、1つにまとめることのメリットとしては返済のしやすさや返済額の圧縮があります。複数ある返済日を1つにまとめることは返済額を把握しやすくなり、生活していく上でプレッシャーを軽減させることができます。また、借り換えを行ったカードローンの利率が今までより低ければそれだけ返済額を圧縮することができ、生活がよりに楽になる、もしくは今までの返済額を維持し、返済時期を短縮できるなどの効果が期待できます。

一方でデメリットもあり、もし債務整理を行い、調べてみると過払い金などがあった場合には、借り換えをしてしまったその時点で利用できなくなるということがあります。むやみにまとめようとすると本当は圧縮できた債務を圧縮できないということが起こりえてしまいます。そのため、過払い金などがあるかどうかを事前に確かめておくことが必要で、あった場合には弁護士などに依頼し、債務整理を行い、借金の圧縮を目指すことが求められます。

ただ、これらはグレーゾーン金利の時代から借りている場合であり、最近のようにこうしたものがない場合には過払い金などが存在しないということがほとんどです。その場合には借り換えを行うことで返しやすくすることが可能であり、まずは過払い金の有無を確認することが求められていきます。