学生がお金を借りる方法とは

school_girls_boys_isu

学生がお金を借りる方法として一般的なのは奨学金制度の利用ですが、友人たちと一緒に楽しむイベントが重なったなどで一時的にお金が必要ならば、クレジットカードで借りるのが簡単です。キャッシング機能付きのクレジットカードを1枚持っていれば、面倒な手続きをしなくて済みます。学生は未成年であっても自立したがっている人が多いので、親にお金がないことを知られたくないと考えている人も多いです。

金融機関は契約者以外に契約内容を漏洩してはいけないことになっているので、たとえ親であってもお金を借りていることはバレません。ただし利用明細書などを見られると発覚してしまうので、書類の管理は自分で行うようにします。消費者金融のテレビCMが多いですが、未成年だと利用できないのでクレジットカードを使った方法が最適です。

クレジットカード会社は、学生であっても大切な顧客の一人なので、丁寧なサービスを行っています。よってお金を借りる側も学生であることを言い訳に、返済期間を先延ばしにしたり返済を拒否したりすることは許されません。お金を借り逃げすることは犯罪ではありませんが、人としての信用を失ってしまいます。そもそもお金は信用していることを前提に貸し借りが行われるので、過去に借りて返済しなかったということが分かれば誰も貸してくれる人はいません。

学校を卒業して車や家を購入したい時に、過去の返済状況を調べられてローンを契約できなくなってしまいます。社会人になってライフスタイルが変われば学生時代以上に大金が必要になってくる可能性が高いので、返済は遅れないように期限を常にチェックしておくのが良いです。クレジットカードを持ち歩くとどこかで落としたり盗まれたりする恐れもあるので、不正利用されないように注意します。もし手元にないことに気づいたら、すぐに警察に電話しクレジットカード会社にも知らせます。キャッシング機能付きクレジットカードの保管は厳重にしておくのが無難です。